English Version(poor...)

2016年01月28日

アコギAC6の進捗と・・・次作のミニギター

クラギに続いてアコギも塗装に入りました。まず、ローズウッドのサイド・バックにはフィニッシングレジンで導管を埋めます。上塗りはラッカーになります。トップはシェラック仕上げです。無色のシェラックでドイツ松の白さとハーゼル(ベアクロウ)を際立たせます。バインディングはカ−リー杢の栃で、なかなか気に入ってます。クリックで拡大すれば視認できますよ。
P1280513.jpg

さてこちらは? ・・・ ある事情で製作することになった全長わずか250mmのミニギターの材料です。小さいですが、材料も作り方も通常のギターと何も変えないところがミソなんです。写真の左から外型枠、サイド・バック材、トップ材です。
P1280507.jpg



posted by maru at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

クラギTE8の進捗:塗装完

どなたが考えたか、タンポ摺りだけでシェラックニスの超薄層鏡面膜を生成するという西洋の伝統塗装技術。ぼくはその手軽さが一番気に入っています。今回、タンポ布にかなり厚目のメリヤス生地を使ったところなかなか塩梅がよかったです。慣れた方にはお勧めします。
P1260502.jpg

側板はバイスにネックを固定して塗ってます。
P1260513.jpg

タンポとニスとオリーブオイル(55の容器)。
P1260543.jpg


もとはといえばこんな木でした。
PA191746.jpg



posted by maru at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

クラギTE8とアコギAC6の進捗:塗装など

クラギは塗装前の下地調整を終えてシェラック塗装に入りました。いつものようにタンポ摺りで仕上げます。今回は最高度に脱蝋したシェラックフレーク(∴無色透明)を使っています。ブリッジとアームレストも同じように塗装します。
一方、アコギのほうはこれからネックの成型をして塗装に入ります。アコギもクラギも同じヨーロッパ産スプルースなのですが、前者はハーゼル(ベアクロウ)、後者はベイキングしているので色がこのように違います。
P1210447.jpg

写真をクリックしていくと大きく拡大するので、両者の木目をつぶさに比較することができるでしょう。


posted by maru at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

クラギTE8とアコギAC6の進捗:ネック成型など

年末年始、ちょっと頑張ってバインディングを巻いて、指板を貼ってフレットを打ちました。指板上面の20Rのかまぼこ型と20フレット付きというのが今回の仕様です。クラギのネックはユーザー様とかなり綿密に打ち合わせをして、幅、厚み、断面形状を決めました。洋服や靴のオーダーと同じですね。
さて、下の写真のようなセッティングで削っていきます。ギター作りのなかでも好きな作業です。なお、ネックはまだ四角いですが、厚みはほぼ出してあります。
P1070348.jpg

▼上の写真の道具で削っていきますが最終的にこの山中湖みたいな形状のスクレーパで断面を整えていきます。内丸になっているからです。テンプレートはユーザー様お好みネックからコピーしたものです。
P1070351.jpg


▼話は変わりますが、アームレストが付きます。ご希望のイメージに沿った材と形状にしています。2本のダボで表面板に位置決めしていますが、接着は塗装が済んででからです。
P1070361.jpg








posted by maru at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます
いつもご訪問いただき感謝しています
本年も精力的に更新してまいりますれば
引き続きご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます

2016年元旦
P1010223.jpg

高取山からの初日の出↑  、   賀状↓

2016賀状.jpg


続きを読む
posted by maru at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする