English Version(poor...)

2016年03月17日

FC2 へ引っ越しました

10年間のデータを伴って


に引っ越しました。

seesaaさん、長い間ありがとう!




posted by maru at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

TE9-Maple/Latticeの製作

久しぶりのカエデのギターです。これを今年の展示会モデルにできればと思ってます。
いつも載せている、裏板でフタをして箱になるところの写真です。なぜか上に横たわっているのは塗装中のミニギターです。
P3130839.jpg


▼こんな裏横材でした。トップ板はベイクしていない普通のドイツ松です。ブレイシングを格子(ラティス)にして、これまでのハカランダ/ベイクドスプルースとの違いをみます。

P2240518.jpg



posted by maru at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

第5回 クラシックギターフェスタ in 南港ATC

早いものでもう5回目になります。
今回は、32名の製作家により50台近いギターが展示されます。もちろん試奏可能です。例年のようにプロ演奏家によるコンサートもあります。
チラシ(リーフレット)は3つ折り両面刷りのため6ページあります。すべての写真はクリックしていくと視認できるまで拡大します。
皆さまのご来場をお待ちしております。

0003_表.jpg0001_裏.jpg0002_裏.jpg0003_裏.jpg0001_表.jpg0002_表.jpg





posted by maru at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターづくり一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

ミニギターの進捗:フレットと糸巻き

フレットは0.5,mm厚のSUS430を使用しました。なぜ430かというとシャーリング(裁断)したときに歪みにくい性質だからです。糸巻きは黒檀(指板の端材)を旋盤で削り出して、卓上フライス盤のドリルモードで0.8mmφの糸穴をあけました。写真は時を遡ってます。

▼ヘッドにペグを差してみました。3mm径のペグ穴はテーパーになっています。ヘッドは糸鋸で切り取っただけでまだ仕上げていません。
P3060631.jpg

▼キリは0.8mmφ。プロクソンのフライス盤のドリルモードで明けています。軸のブレ精度が素晴らしい!
P3060621.jpg

P3060619.jpg


P3060614.jpg

▼指板用の黒檀材を切り出して使いました。写真のノミは旋盤用の刃物専用にしています。
P3060612.jpg


posted by maru at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

ミニギターの進捗

他の作品と並行で作っているのですが、徐々に完成に近づいています。
これは黒檀で作った指板を接着しているところです。以下、時間を戻して写真を掲載します。
P3010570.jpg

▼バインディングとパフリングを接着しました。黒檀を切り出して指板をつくって、胴付き鋸でフレット溝を切りました。
P3010564.jpg


▼裏板を貼ったところ。右においてる板でバインディングとパフリングを作ります。
P2240001.JPG


▼実際のギターと同じように、ペオネスで表面板に側板を組み付けていきます。
P2170974.jpg

▼型枠を利用して側板をベンディングアイロンで曲げました。
P2110945.jpg





posted by maru at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする