English Version(poor...)

2007年02月19日

木曽ヒノキ

craftm_kisohinoki.jpgしばしば珍しい木を持ってく来てくれる友人の大工さん、『これ、ギターにどないや?』と例によって大きな声がした。

一目でそれとわかる木曽ヒノキの四方柾だった。何十年間も建具に使われていたので、シーズニングは十二分。ギターの表面板にちょうどよさそうな大きさで、厚みも3cm近く楽にブックマッチに挽き割れる。

さすがに目が細かい。木曽山中それも北側斜面に育ったのかもしれない。県産の良材、吉野桧もこんなのは皆無だろう。外見はギター用ドイツ松の最良材に勝るとも劣らない。
『伊勢神宮に使う木みたいやね』
『そうや。ええやろ』

以前にも書いたが、いちど国産材だけでギターを作ってみたいと思っている。それもできれば再利用材がいいと。
この木曽ヒノキなら、極限まで薄くして作ることが出来るだろう。計画に一歩近づいた。
posted by maru at 13:03| Comment(0) | TrackBack(1) | ギターづくり一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34108504

この記事へのトラックバック


Excerpt: ヒノキ ヒノキ(檜、桧)は、ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹。人工林として多く植栽されている。.wikilis{fon..
Weblog: クラフト材料の字引
Tracked: 2007-10-04 10:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。