English Version(poor...)

2015年01月31日

CRM-A2の製作 (11)bridge作り

ブリッジは新しくデザインしました。素材は、ヘッドプレートや糸巻のツマミが黒檀なので、それと合わせるために黒々としたハカランダを選択しました。なお自分は黒檀のブリッジは採用しません。
3mm幅のサドル溝と、ブリッジピンの下穴はミニフライス盤で加工しました(写真は過去の記事参照)。バンドソーで切り出した外形線をスピンドルサンダーで成形します。そして下の写真のセットでブリッジを三次元に削り出します。
P1311014.jpg

▼まだ途中ですがおおむねこんな感じです。スクレーパが活躍します。
P1311022.jpg




ラベル:ブリッジ
この記事へのコメント
サドル溝からブリッジピン穴までの距離、つまり張弦したときのサドルへの入射角は音に対して、また「張り」の強さに対して少なからず影響するので、自分なりに計算して穴の位置を決めています。

余談ですが、昔のフォークソングに「サイン・コサイン何になるぅ♪・・・」というのがありましたが、上記の計算はまさにsin、cosです。
Posted by maru at 2015年01月31日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。