English Version(poor...)

2015年02月27日

CRM-A2の製作 (18)完成!

弦高を極限まで追いつめました。自分のクラシックギターのタッチでビリつかない程度。弦はエリクサー・ブロンズのライト(0.012〜0.053インチ)。これで1弦12Fで2mm弱、6弦12Fで2.4mmぐらいになりました。同じエリクサーのライト弦でもフォスファーコーティングのほうは振幅が大きいので強めにタッチすると低音弦で若干ビリつきやすくなります。爪弾き専用ということでピックガードはありません。クラギを作る者としてはうれしかったです。

さて肝心な音。独特なブレイシングによって、アメリカのカントリー調とは少々趣を異にします。音の分離、飛び出し感、そして木質感、どれも作者としては満足できるレベルです。ユーザーさんのコメントが楽しみです。そのうち演奏音源をアップします。
P2270008.jpg

P2270009.jpg

P2270011.jpg

▼ヘッドの象嵌は白蝶貝
P2270014.jpg
▼ペグはgotoh510 エボニーボタン
P2270013.jpg

P2270020.jpg
▼ボブレンのケースがぴったりでした
P2270004.jpg

Top : German spruce
Side/Back : Madagascar rosewood
Neck : Honduran mahogany
FingerBoard. : ebony
Bridge : Jacaranda
Scale : 645mm
bracing : Double X - closed lattice
Finishing : French polishing of shellac

<こんな音です : すべて工房にて収録>



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。