English Version(poor...)

2015年10月19日

クラギTE8の製作(1)材料選択

さあ、クラシックギター製作モードです。
このところの定番のようになっているラティスブレイシングのハカランダモデルです。
弦長は当工房のラティスモデルとしては初めての635mmで、トップ板は例のローストしたホットスプルースというご希望です。
写真は今回セレクトしたブラジリアンローズウッド(通称:ハカランダ)の裏板・横板セットです。指で叩くと備長炭のような金属的な音がします。向こうに見えているのはネックにするホンジュラスマホガニーです。
PA191746.jpg


タグ:ハカランダ
posted by maru at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

AC-5の進捗:張弦調整

塗装があがりました。今回、トップはシェラックですが、あとはニトロセルロースラッカーを吹きました。
ブリッジを付けてピン穴を加工して、糸巻を付けて、ナットとサドルをこしらえたので、いよいよ弦を張って調整する段階にきました。、
でもこのギター、左利き奏者仕様なので私には弾けないのがなんとも歯がゆいんです。

▼サイド/バックはご覧のインディアンローズですが、トップは大台ケ原産の35年もののスプルース(トウヒ)です。
PA131558.jpg

▼トップのスプルースはもともとは淡い褐色なんですが、シードラックというシェラックニスを塗るとこんな感じになりました。余談ですが、隣に吊ってあるのは、製作教室で取り組んでいるドイツ松とアフリカブラックウッドのテナーウクレレです。こちらは塗装を始めました。
PA131554.jpg



2015年10月10日

弦楽器フェアのチケット差し上げます

弦楽器フェア2015に今年も出展します。
チケットが若干数ありますので欲しい方にお送りします。
お名前とご住所を明記のうえ、メール(nara_craftm@ybb.ne.jp)にてお知らせください。


PA101363.jpg

CCI20151010_00000.jpg

CCI20151010_00001.jpg





posted by maru at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターづくり一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

アルハープ作り(9)完成!

桐製ケースには水性顔料で着色して、上塗りにオイルウレタンを摺り込みました。内面にブルーのフェルトを張ってから、蝶番とパッチン金具、それに持ち手をねじ止めすれば完成です。なお、蝶番は直角より少し開いたところからそれ以上開かないものを使いました。写真状態で「全開」です。
PA071164.jpg


▼裏側にユーザーさんがデザインした透かしを入れました。サウンドホールの効果を持たせています。裏板・横板はホンジュラスマホガニー。
PA071181.jpg

▼Aruのロゴはハカランダを切り抜いて貼りつけています。
PA071187.jpg


▼糸巻部はハードメイプル材の上にタブノキを重ねています。PA071183.jpg

22弦あります。ブリッジはタブノキ。
PA071184.jpg

▼写真、ちょっと遊んでみました。
PA071194.jpg






posted by maru at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アル・ハープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

アルハープ作り(8)ケース作り

本体の方はあとブリッジを設置すれば完了ですが、今日はケース作りを始めました。軽さ優先で桐を使います。すべて桐箪笥用の柾材という豪華さです。
身の部分になる横板は四枚組継ぎで組みます。甲板と底板は写真奥のように3枚接(は)ぎにして(ビスケットジョイントしました)、これを横板に接着して密閉箱状態にします。そのあと、ノコギリで蓋と身に切り分けることになります。

P9300739.jpg



posted by maru at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アル・ハープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

秋のごろごろ水と新レンズ

夏休みや例のシルバーウイークは洞川方面はかなり混むので、やむなく敬遠してましたが、今日久しぶりにGOです。
10時過ぎに到着。駐車場は約半数の入りでした。小一時間かけて採水して帰るころには8割くらいになってました。
紅葉はまだまだですが、空気の美味しさはもう格別!御所の田舎に住んでいてもそう思います。

帰りは例のごとく下市温泉でランチ。ただこの温泉、ある事情があって今は温泉は引いていません。来月には「復活」するそうです。なお食堂は従来どおりのメニューで12時からOKです。

P9290570.jpg


家に帰ったら、3か月も待ちに待ったレンズが届きました。NOKTON 25mm F0.95 です。Fが1より小さいという、あっかる〜いレンズです。しかも10cmちょっとまで寄れます。さっそくそのへんを試してみました。

▼これがFが1以下の世界:絞り開放です
P9290593.jpg

▼上の花は、この八重咲きのベゴニアでした F4.0
P9290599八重咲きベゴニアボンボリーナ.jpg

▼F1.4でマリーゴールド
P9290587.jpg

▼F1.4でギンナン
P9290580.jpg

▼こんなレンズです
IMG_0819.jpg


posted by maru at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

アルハープ作り(7)弦掛けピン作り

楽器上部の棹(さお)のところで弦を掛ける(架ける?)ためのピンを作ります。材はアフリカローズウッドです。
いつものようにKS-200という旋盤を使って削りだして、回しながらサンディングしてツルツルにします。長さ25mm、直径4.7mm。

P9280408.jpg

▼サンディングしたら、オスモオイルを摺りこんでおきます。
P9280409.jpg

▼22本必要です。ふうっ。。。
P9280412.jpg



posted by maru at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アル・ハープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

S660

製作教室のOさん、今日は納車したてのピチピチ新車で来房されました。HONDA S660 です。RRの2シータ。スマホの中身のような見事なコンパクト設計。そして地べたを這う着座位置の低さ!でも最も特筆すべきは収納スペースが皆無なこと。夫婦でスーパーに買い物に行く目的では使えません。贅沢なクルマです。
▼現物はもう少し明るいライトブルーです。バックがむさくるしいので暗くしました。うちのLevorgとは屋根の高さが20cm以上違います。P9260614.jpg


▼小さいですが「かわいい!」という感じではありません。
P9260613.jpg

▼ルーフを外してくれました。FRP/カーボン製のルーフを発注している由。
P9260626.jpg

▼HONDAの顔ですね。これにさらにスポイラーやらツインのチタンマフラーやらが付くそうです。
P9260622.jpg



posted by maru at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターづくり一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする